梅田カウンセリングルーム ぷしゅけー

ホーム > カウンセリングとは

カウンセリングとは

定義 「カウンセリングとは、カウンセリング心理学などの科学に基づき、クライエント(来談者)が尊重され、意思と感情が自由で豊かに交流する人間関係を基盤として、クライエントが人間的に成長し、自律した人間として充実した社会生活を営むのを援助するとともに、生涯において遭遇する心理的、発達的、健康的、職業的、対人的、対組織的、対社会的問題の予防または解決を援助する。すなわちクライエントの個性や生き方を尊重し、クライエントが自己資源を活用して、自己理解、環境理解、意思決定および行動の自己コントロールなどの環境への適応と対処等の諸能力を向上させることを支援する専門的援助活動である」(日本カウンセリング学会定義委員会2004.9.6)

他の相談活動との違い

心理・キャリアカウンセリング
産業・教育分野
対象者は健常者が主
クライエントの可能性を見つけ、どう活かすかを考える成長モデルの立場に立つ
情報提供は行うが、あくまでもクライエントが自主的に問題解決することに力点 目標は、個を尊重し、個を伸ばすこと
主として情動面に働きかけ
サイコセラピー
精神医学・心理学・社会福祉分野
対象者は病者が主
クライエントの何が障害かをみつけ、それをどう直すかを考える医学モデルの立場に立つことが多い
コンサルティング
専門的知識に基づく情報の提供
教 育
目標は社会人・組織人として育つこと、すなわち社会化
主として知的な面に働きかける
前のページに戻る このページのトップへ